同じような品質のボアブーツ。UGGとEMU選ぶポイントは?

同じような品質のボアブーツとして日本で人気のあるUGGとEMU。どちらもボリュームのあるリアルシープスキンいっぱい敷き詰められている人気海外ブランドですが、いざ購入するとなるととっても迷ってしまいます!

UGGとEMUの決定的な違いは、やっぱり価格ですね。上記に記載したのは人気の海外インポートブランドを取り扱うZ-CRAFTというショップです。Z-CRAFTの口コミはなかなか好評で、このショップで取り扱っているブランドは間違いなく本物だと断定できるので、今回のブーツ比較の価格チェックをする参考ショップとしました。

見ていただければ分かる通り、EMUの方が安いんです!価格差は約6000円といったところでしょうか。日本ではどちらかというとUGGの方が人気があり、ブランド名が浸透しているということもあって高値で販売されているのか?そもそも海外から卸してきた際の価格がEMUの方が安いのか?理由は分かりませんが、価格として差が確実にあらわれています。

EMUを取り扱うショップによっては、上記モデルが8000円台で販売されていたりしています。一瞬「ん?大丈夫?EMUの偽者でないかい?」と疑ってしまうのですが、口コミでは、なかなか好評。デパートで見たEMUと全然変わらないという評価を受けていたりしています。

どちらを選択するか、迷っているという子には、EMUをおすすめします。だって価格が安いから。ボアの質という観点でみると、UGG→柔らかめ EMU→ちょっと固めという感触になっています。もちろん、ブーツそれぞれ、個体差があるので、鵜呑みにはできません。参考程度に。

ワタシ個人的には、価格がまったく同じだったらUGGを支持します。UGGのロゴの方がかわいいからです。EMUのロゴは、悪くはないんですけれども、あんまり好きになれないんですよねぇ。


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページトップへ