UGG ブーツ キッズ

UGG ブーツのキッズは、基本的な構造や、採用している素材(メリノ種のシープスキン)は、大人サイズとまったく同じのため、かわいいキッズのデザインを見つけたら、大人の女子が、自分用に購入するということもめずらしくありません。筆者の個人的な感想ですが、ムートンブーツでも高級なジャンルに入るUGGを子供時代から履くことができるなんて・・・とっても羨ましい!お洒落なキッズブランドが、手軽に通販で購入できるようになったので、UGGブーツにコーデする子供服もまったく困りませんしね・・・。

筆者のママがきにいっているキッズブランドは、ジェニィ(JENNI)です。原宿や渋谷のストリートテストをお洒落に洋服に取り込んだデザインは、大人のワタシ達が見ても、欲しい!と思えるかわいいデザインばっかり。ホワイトのニットに、黒糸で、アルファベットが刺繍されているニットや、アーガイル柄のスカートなどなど、わが子に着せて、写真を撮ってあげたいと思わせるアイテムがたくさん揃っています。

ジェニィ(JENNI)とUGGブーツのキッズは、相性がとっても良いのではないでしょうか?どちらもカジュアルテイストですし、ジェニィ(JENNI)のデザインは、元気なキッズを表現しつつも、本格的な素材を使用し、大人のアパレルのトレンドを取り入れているので、スニーカーに合わせるよりも、トラデッショナルなブーツに合わせる方が、しっくりきます。

UGGブーツは、子供達が、元気に走ったり、飛んだりしても、しっかりと足を保護してくれますし、とっても軽いので、キッズの感覚からすると、ブーツというよりかは、スニーカー感覚に近いと思います。重たいブーツよりも、軽いUGGを気に入る子供は、少なくないですよ!


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページトップへ