UGG 偽物 サイト

UGG 偽物のサイトは、日本を含めて、海外で乱立しているので、特定するのが、困難なのが現状です。偽者のサイトは、楽天市場やyahooショッピングをはじめとした信頼のある大手書っピングモールにも新規開設されているので、本物のUGGを販売しているUGGオーストラリアも取り締まり仕切れていないのですね。本来であれば、徹底的に本家に取り締まってもらうことによって、UGGファンは、安心して買い物を楽しむことができるのですが、精巧なコピー品、本物らしいタグを貼り付けている悪質な偽者などが市場に溢れてしまっていて、対応できていないような状況が続いています。

安心して購入するためには、UGGオーストラリア直営ショップの通販サイトを利用するのが手軽ですが、日本で流通している激安ショップにくらべて、2倍から3倍もの販売価格だったり、ハワイの直営ショップの1.5倍から2倍の価格だったりと、信じられないような価格差が開いてしまっていて、気軽に購入できないのがネックとなってしまっています。

偽者サイトだと判断するポイントは、信頼のあるアメリカの仕入先から購入したことを証明するレシートを写真掲載しているかどうかが、一番最初にチェックするべき項目になります。怪しい仕入れルートから流通されているUGGは、当然のことですが、レシートなどは発行されません。また、UGGブーツのヒール部分に刺繍されているロゴにも注目するべきです。

本物にくらべて、偽者のロゴは、UGGのフォントが細かったり、アルファベットの隙間が広かったり狭かったりします。作りが雑なモノになると、刺繍されているべきUGGの文字が、ただのプリントになっていたりして、チープな作りになってしまっています。偽者のサイトも、本物らしく見せようとして、あの手この手で信頼させるような文章を記載させていますが、信頼できるのは、やっぱり自分の目。しっかりとチェックしましょうね。


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページトップへ