UGGブーツの偽者?

もしかして、UGGブーツの偽者?と購入してから疑問に思ってしまうことって少なくありませんよね。通販は、とっても便利で安く購入できるから良いのですが、UGGブーツやハンターブーツなどの海外ブランド製を購入するときに、注意したいのは日本で横行している偽者品の存在です。

中国国内だったらまだしも、著作権が整備されている日本で、なぜこのようなメジャーなブランドの偽者やコピーが流通してしまうのは、本当に謎ですが、仮にUGGブーツの偽者を購入してしまっても泣き寝入りする必要はありません。警察は、海外ブランドのコピー品の流通を厳しく取りしまっていますので、すぐに通報してしまってください。

一番困るのは、自分自身で、判断が困難なケースですよね。このUGGブーツは偽者?それとも本物?ボアやタグ、ソールや、外箱のホログラムなどなどをチェックしても、限りなくグレーで、ハッキリと区別することができないケースは多々あります。そのような時には、UGG直営のお店に「ギフトでUGGブーツをもらったんだけれどもサイズが合わなかったから、サイズ交換してほしい」という依頼をしてみることです。ギフトなのでレシートなどが無い状況ではありますが、UGGの直営店は、そのムートンブーツが確かに自社の正規ルートで販売されている本物であると分かれば、サイズ交換に応じてくれます。

この仕組みをうまく利用して、UGG直営店のスタッフさんに、詳細をチェックしてもらいます。偽者のコピー品だった場合、当然ですが、サイズ交換には応じてもらえません。しかし、ブランドの直営店が、偽者だと判断したのですから、今度は、堂々と、購入したお店に対して、返品の依頼や、返金手続きをとることができます。理由も、明確に示すことができますので説得力が違います。


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページトップへ